賃貸あれこれ☆アパートとマンションの違いって?

アパートとマンションの違いは?

「アパート」や「マンション」という言葉を、賃貸物件を探す時に良く見かけますが、アパートとマンションの違いについて知っていますか?
また、「コーポ」「ハイツ」など、その他にも呼び方がありますが、何か決まりがあるのでしょうか?
実は、それには明確な規定はなく、極端にいうと所有者が「マンション」と思えば「マンション」ですし、「アパート」と思えば「アパート」となるのです。
ただ、一般的な見解としては木造や軽量鉄骨造の準耐火・低層物件のことを「アパート」とし、鉄骨鉄筋コンクリートや鉄筋コンクリート造などの耐火構造の高層物件を「マンション」としているようです。
その他のイメージとしては、遮音性が高い・高級感がある・エレベータが設置されている・管理人がいる場合が多い物件がマンションです。
また、2階建てが多い・エレベータが設置されていない・管理人がいない場合が多い物件がアパートです。
あと、「コーポ」や「ハイツ」という名称は、アパートという名称よりも良い印象を借りる側に与えられるだろうという理由で使われているようです。
これらのことから、マンションとアパートでは家賃の違いなどが見られます。
築年数など様々な条件が同じであれば、アパートよりマンションの方が一般的に家賃が高くなり1万円程度の差が出ることもあります。
ただし、築年数によっては新築アパートの家賃の方が高いこともあるので、一概にいえることではないので注意が必要です。
また、マンションの場合はエレベータが設置されていたり、管理人がいたりするため管理費が高くなることもあります。
検索

  • WWW
  • このブログ内を検索

リンク集
記事一覧
リンク集

Copyright (C)2017賃貸あれこれ☆アパートとマンションの違いって?.All rights reserved.